〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-12-1
エスポアール南原101

電話マーク

お電話

メニュー

坐骨神経痛 イメージ
見出しアイコン

坐骨神経痛

しびれや痛みなど
坐骨神経痛の症状でお悩みの方へ

坐骨神経痛は病名ではなく、下肢のしびれや痛みが続く状態をさしています。
症状がひどくなると、立っているだけでもつらくなったり座っていられなかったりするなど、日常生活に影響を及ぼすといわれています。
原因を知り、適切な対処方法を身につけましょう。
このページでは坐骨神経痛の原因や現れる症状、対処法などをご紹介します。

目次

このようなことに
悩まされていませんか?

  • おしりにしびれを感じる
  • 座っているだけでもつらい
  • 立っているだけでもつらく、腰を反らすと痛みを感じる
  • 下肢に痛みやしびれを感じる
  • 坐骨神経痛とはどのようなものなのか知りたい
  • 坐骨神経痛の症状を緩和したい

坐骨神経痛の原因と
症状を知りましょう

坐骨神経とは

末梢神経のひとつで、坐骨をとおり、おしりの筋肉である「梨状筋(りじょうきん)」を抜けて足へ向かって伸びています。
坐骨神経を含む末梢神経は、脳と脊髄からなる中枢神経と体の各部をつないでおり、身体を動かしたり温度を感じたりする重要な役割を担っています。
その末梢神経は、おもに次の3つの神経から構成されています。

①運動神経…脳からの指令を身体の各部位に伝える神経
②知覚神経…痛みや温度などの感覚を、皮膚、筋肉、関節を介して中枢に伝える神経
③自律神経…意志とは無関係に、血管や内臓などの働きを調節する神経

坐骨神経痛の症状と
原因になる病気について

坐骨神経痛は、おしりから足の後ろ側にかけて痛みやしびれなどが起こるもので、病名ではありません。
症状を総称して「坐骨神経痛」と呼ばれています。
坐骨神経痛の原因となる病気としては、次のようなものがあります。

 

●腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは背骨の中にある通り道のようなものです。
背骨にある椎間板や靭帯などは、加齢とともに老化していき変形していくと考えられています。
その結果、脊柱管内が狭くなり、神経を刺激しておしりや太ももなどに痛みやしびれを引き起こしてしまいます。
腰部脊柱管狭窄症は、60歳代以降に多くみられるといわれています。

 

●腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の多くは、腰椎椎間板ヘルニアが原因とされています。
背骨と背骨の間には、椎間板というクッションがあり、日頃の負荷の蓄積や老化によって、椎間板が外に飛び出すことがあります。
外に飛び出ることで、背骨の神経を刺激して痛みやしびれが起こります。

 

●梨状筋症候群

梨状筋が硬くなることで坐骨神経を圧迫し、おしりや太ももの裏側に「痛み」「しびれ」などの症状が現れることを梨状筋症候群といいます。
明確な原因は不明とされていますが、「継続的な長距離の運転」「中腰での長時間の作業」「ゴルフなどのスポーツ」などを行っている方は、梨状筋に負担をかけやすく症状を発症しやすいと考えられています。

 

●変形性腰椎症

背骨の椎間板がいたんだり、背骨が変形したりすることで、て「変形性腰椎症」になることがあります。
変形性腰椎症では、変形した背骨がその中をとおる神経を圧迫して、痛みやしびれを引き起こします。
変形性腰椎症は、40歳以上の方に発症するケースが多いようです。
「日頃の不良姿勢」「重たいものを持つことが多い仕事」などをしている方に多いと言われています。

 

●脊椎・脊髄のがん

次のような病気があると言われています。

 

・脊椎腫瘍

脊椎腫瘍は、脊椎骨に腫瘍が発生する病気です。
「骨の痛み」「坐骨神経痛などの神経症状」が起こる場合があります。
初期では身体を動かしたときに生じる腰背部痛を感じ、腫瘍が増大して脊髄を圧迫すると、頚椎・胸椎・腰椎などで神経症状や脊髄のマヒを生じると考えられています。

 

・脊髄腫瘍

脊髄内や脊柱管内の軟部組織、椎体などに腫瘍ができて脊髄や神経根を圧迫する疾患です。
脊髄腫瘍は、原発性腫瘍転移性腫瘍の2種類あります。

 

●骨盤内のがん

骨盤内に大きな腫瘍ができると、神経を圧迫して坐骨神経痛を起こすことがあります。
症状は部位によって異なり、月経困難症、性交痛、不妊、排尿困難、排便時の痛みなどがみられると考えられています。

生活習慣を見直し
坐骨神経痛を対処しましょう

坐骨神経痛の対処方法

坐骨神経痛への対処方法としては次のようなものがあります。

●腰に負担をかける動作は控える

下肢や腰部へ負担を少しでも減らすために、次のような動作や習慣を控えるようにしましょう。

・重たい荷物を持ち上げる
・長距離の運転
・農作業などの前かがみ姿勢の作業
・椅子に浅く座るなど、腰に負荷がかかる姿勢

お仕事の都合で難しい場合は、こまめに休憩をとることで負荷を軽減できるよう工夫してみてください。

 

●入浴

入浴により、冷えや血行不良を緩和させることで症状の緩和が期待できます。
浴槽に入るときに、前かがみになって腰が痛い場合はお風呂で使える腰掛けを活用してみましょう。

坐骨神経痛の予防方法

坐骨神経痛を引き起こす病気を予防するために、次のような習慣を取り入れてみましょう。

 

●適度な運動

軽い全身運動は、血液の循環を高め筋肉の緊張を防ぐことが期待できます。
身体に負担の少ない散歩ストレッチなどを行って、適度に運動するようにしましょう。
坐骨神経痛の改善や緩和には、梨状筋周辺の筋肉を伸ばす臀部のストレッチが有効です。

 

●ストレッチ

次のようなストレッチを取り入れてみましょう。

 

・臀部のストレッチ

①椅子に座り、片方の足を反対側の膝の上に乗せます。
②その体勢のまま、ゆっくりと上体を前に倒していきましょう。
③腰が反ったり丸まったりしないように注意しながら、お尻の筋肉がしっかりと伸びていると感じるところまで倒して30秒キープします。
④逆足でも同じように行いましょう。

 

・背骨ひねり

①あお向けに寝て、両膝を立てます。
②両腕は肩の高さに伸ばして手のひらを天井に向けます。
③膝をそろえたまま、脚を右側にゆっくり倒しましょう。
④元の姿勢に戻り、左側も同様に行います。

・上半身ひねりストレッチ

①あお向けに寝て、両足は伸ばします。
②左膝を90度に曲げて右側に倒し、右手で押さえます。
③左腕を伸ばし、大きく円を描くように10回ほどまわしましょう。
④反対側も同様に行います。

・全身ひねりストレッチ

①うつぶせに寝て脚をそろえます。
②腕は肩の高さにまっすぐ伸ばし、手のひらは床につけます。
③両肩を床につけたまま、右脚を左後方に上げて呼吸を止めないで3秒キープしましょう。
④元の姿勢に戻り、左側も同様に行います。

りの接骨院の
【坐骨神経痛】アプローチ方法

坐骨神経痛を引き起こす傷病名としては腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管分離症・すべり症などがあるといわれています。
そして、あまり知られていませんが腰痛の原因となる仙腸関節障害と言うものがあります。
ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。
仙腸関節の捻じれが解除されないまま続くと慢性腰痛の原因になると考えられています。
長い時間椅子に座れない、仰向けに寝れない痛いほうを下にして寝れない、という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんが多くいらっしゃいます。
当院では、立体動態波やハイボルテージなどの電気療法や手技、ストレッチを施します。

しびれや痛みといった症状は、日常生活でも困るシーンが多いかと思います。
ぜひ一度当院までご相談ください。

著者 Writer

著者画像
都築 俊裕
(つづき としひろ)
所有資格:
・柔道整復師
•日本赤十字救命救急法
•日本ライフセービング協会ベーシックライセンス
生年月日: 1984年4月5日
血液型:O型
出身: 神奈川県
趣味: 家族で公園巡り•博物館巡り
得意な施術: 骨盤矯正


ご来院される患者様へ一言
予約優先ですので、患者様お一人お一人としっかりコミュニケーションをとれることが特徴であります。
丁寧にしっかりと症状を見極め的確な施術を施すこと。
そして、一人でも多くの患者様に健康をご提供することが私の使命だと思っております。

MENU

骨盤矯正アイコン

骨盤矯正

骨盤を矯正することで、身体のゆがみを改善していきます。頭痛、肩こり、腰痛といった慢性症状の他、姿勢改善やスタイルアップを目指します。

産後骨盤矯正アイコン

産後骨盤矯正

産後の骨盤のゆがみを整え、腰痛や尿漏れの改善を行っております。
また、ゆるんだ骨盤を元に戻すことで産後太りの解消も目指します。

交通事故施術アイコン

交通事故施術

交通事故によるむちうちを手技や電気機器を用いて改善に導きます。
事故後に痛みを抱えている方ぜひ一度ご相談ください。

保険施術アイコン

保険施術

接骨院では、骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)が、健康保険の適用になります。
スポーツ時のケガでお悩みの方ぜひ一度ご相談ください。

整体アイコン

整体

整体は、身体全体のバランスを整え、人間の本来持っている自然治癒力向上が期待できる施術です。
全身のアプローチが必要な場合やリラックスされたい場合におすすめの施術です。

EMSアイコン

EMS

EMSは、医療機関での補助やアスリートがインナーマッスルを鍛える際などにも利用されている機材です。
EMSを使用することで「筋肉の活性化」「鎮痛効果」などが期待できます。

電気療法アイコン

電気療法

電気療法は、医療機関やスポーツ分野など幅広く活用されている施術方法です。
電気療法によりスポーツ時のパフォーマンス向上、血行促進によるむくみの改善が期待できます。

自律神経の調整メニューアイコン

自律神経の
調整メニュー

自律神経の調整メニューは、身体の緊張を手技とハイボルテージを使用し緩和させていきます。
患者様の「最近疲れやすい」「慢性的なだるさやめまいが起こる」などのお悩みを改善に導くメニューになっています。

パーソナルトレーニングアイコン

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは、患者様のニーズに合わせた運動を行えます。
「ダイエットがしたい」「スポーツのパフォーマンスを上げたい」など今お持ちのお悩みをご相談ください。

キッズトレーニングアイコン

キッズ
トレーニング

キッズトレーニングを行うことで「パフォーマンスの向上」「ケガの予防」「バリエーションが増える」
などが期待でき、お子様のスポーツ環境をサポートします。

ABOUT US

りの接骨院

住所

〒254-0065
神奈川県平塚市南原1-12-1
エスポアール南原101

最寄駅

平塚駅北口より 秦野駅 東海大学
湘南めぐみヶ丘行き 向原バス停より徒歩1分

駐車場

有り(2台)

9:30〜12:00
14:30〜19:30
お電話でのお問い合わせ

0463-73-5514

 
Hot Pepper予約
(自費メニューのみ)
24時間受付

BACK TO TOP

予約アイコン

予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー