お知らせ

腰痛 ヘルニア・すべり症・脊柱間狭窄症  (平塚 接骨院・整骨院)

都築です!!

腰の疾患でよく耳にする3つをざっくり説明してみようーーー!!!!!

なぜ今、、??

あのですね、、8月に入ってから腰痛に悩まされている方が非常に多いので!!


ヘルニア、すべり症・狭窄症って症状がどれも似てるし、何の違いか分からなくないですか??

なのでサクッと。


まずはヘルニア

加齢や体重増加などが原因で椎間板がはみ出し神経を圧迫する。

コレがヘルニア

症状は一側の下肢のシビレ、放散痛。

まれに両側に症状が出現する場合もあります。


次にすべり症

原因は様々ですが


長時間の同じ姿勢・立ち上がり・腰を反らすなどの動作で神経を圧迫し

腰痛・下肢のシビレが出現


最後は脊柱間狭窄症

椎間関節の変形・変性や脊柱管内にある靭帯の肥大化などにより、神経が通る脊柱管と呼ばれる空間を圧迫する。

腰痛・下肢のシビレ・間欠性跛行(持続して歩行ができない)


こーいった具合です。

どれも腰痛と下肢のシビレは出現しやすいのでややこしい、、、汗

症状の度合いによって治療方法はもちろん異なりますが、まずは一度当院にいらしてください!!

手術しなくても症状が軽快されている患者様がたくさんいます。