メディカルヨガ

当院では心と身体の健康作りのお手伝いもさせて頂いております。

トレーニングやケアに加えて院内で行うメディカルヨガを行っております。
ヨガは健康な方はもちろん病気の方でも非常に役に立ちます。薬との相互作用も原則なく、正しい呼吸法によって過度に交感神経が優位になってしまった状態から副交感神経優位に導き自律神経のバランスを整えます。

ヨガを医療現場で活用する目的は、個別の疾病や症状の改善そのものではなく、これらの特性を活かし、患者さんが治療に対して前向きに取り組む気持ちを育むこと。そして、呼吸や姿勢、自律神経などを健康な方向に向かわせるための取り組みです。

インストラクター:高玉由紀

インストラクター 高玉由紀

メディカルヨガの特徴

一般的なヨガとメディカルヨガの違い

一般的なヨガ・ピラティスもメディカルヨガも「健康や美容」を目的としたものですが、メディカルヨガは、さらに心や体の不調・機能改善を目的に代替医療の一つとして医療や介護の現場で導入されているのがメディカルヨガです。

一般的なヨガ

ヨガは柔軟性を高めること、ピラティスは筋力アップや体幹を鍛えることが主な目的とされています。また体を動かすことによるストレス発散効果や爽快感を得ることができます。

メディカルヨガ

メディカルヨガ・ピラティスでは、一つひとつの動きの体への作用に重きを置き、不調改善に役立たせることが目的です。また、運動を通じ、自ら心身の状態を把握、セルフメディケーションとして役立ててもらうことを目標としています。

①身体の可動域や筋肉が固くなってしまったご高齢者の方でも安全に行える運動

体の動きに対してどの骨や筋肉が使われているのかといった機能解剖学の知識を用い、どなたでもでも安全に疾患予防や不調改善を目的に取り組むことが出来ます

②メディカルヨガを通して心と身体のセルメディケーション

メディカルヨガは、健康維持を目的に考えられた運動です。自分の健康は自分で守る「セルフメディケーション」の取り組みとして有効です。

メディカルヨガの効果

呼吸はその人の姿勢や自律神経の安定に深く関わっています。メディカルヨガ・ピラティスでは呼吸を意識し、心と体を本来の状態へ整え、ヨガのアーサナやピラティスのエクササイズといった動作により、さまざまな症状や不調に働きかけることができます。最近では、高齢者のロコモ(注1)予防としても注目されています。

(1)ロコモティブシンドロームの略。ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)は、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉です。厚生労働省では「ロコモティブシンドロームの認知度を上げよう」という目標を掲げ、介護予防へ繋げようと考えています。 (日本統合医学協会参考)