お知らせ

交通事故・むち打ちの後遺症害

先日むち打ちのことを少し書いたので今度は少し違った角度から。


※症状固定(実質の示談)

賠償額はゼロでこれまでにかかった費用のみ。(120万が限度額)

※後遺症害

今後も不利益を被る可能性を考慮し120万の限度額プラス賠償額が支払われる



症状固定以降の分の補償を得るためには、後遺障害等級を獲得する必要があります。

むち打ち(腰椎捻挫の場合も同様)の後遺障害等級は、12級か14級になります。もちろん後遺障害に該当しない「非該当」もあり得ます。

分かりやすくするため金額で比較すると、後遺障害「非該当」なら後遺障害部分についての賠償額はゼロですが(その他に通院治療に対する慰謝料はありますが)、
14級が認定されれば後遺障害部分だけで75万円から200万円以上、
12級なら後遺傷害部分だけで224万円から1000万円近くにまでなる可能性があります(被害者の年収や年齢などによって変わります)。

ですから後遺障害等級が何級になるのかは非常に重要です。


症状が少しでも残存しているようでしたら示談、症状固定ではなく、

後遺症害をの認定をオススメします。

そのためにも接骨院と整形外科を併用する際には整形外科にも一週間から二週間に一回は通い、それ以外は接骨院で治療されるのが一番最善ではないかと思います。